新着情報

2015年6月1日(月)

アニソン界の大御所UVERworld&藍井エイルを率いるアルスラーン王子がさすがすぎる!


●国産ファンタジーの傑作が堂々アニメ化

 

 原作田中芳樹、作画荒川弘というコンビで大きな話題となった『アルスラーン戦記』だが、アニメ版の主題歌でも視聴者を驚かせてくれた。 

 

●UVERworld『僕の言葉ではない これは僕達の言葉』 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『BREACH』の第2期オープニング『D-tecnoLife』でメジャーデビューを飾って以降、コンスタントにアニソンをリリースし、『ガンダム00』の2ndシーズンのオープニング『儚くも永久のカナシ』ではついにオリコンチャート1位の大ヒットを飛ばしたUVERworld。2014年は久しぶりにアニソンのリリースがない年となったが、ここにきて大型アニメの主題歌に大抜擢。さすがの風格である。 

 

 イントロは静かなコーラスから始まるが、リフが独特。これまでUVERworldが提供してきたアニソンらしくないリフだなと思いながら聴き始めた。作品のオープニングとして考えるとアニメーションも大事なピースのひとつ。とくに、アルスラーン王子の悲しげな表情は、これから始まる悲劇を確かに表している。いいぞ作画班。そして展開はドラマチックに、サビに入る前のBメロでUVERworld節が炸裂。ギターアルペジオとボーカルが絡み合うようなサビ部分。これぞUVERworld。安心したぜ。ところで、アニメ版の編曲はこの独特なリフで終わらせている。ここは個人的にはちょっともったいないと感じる部分。UVERworldのまま終わってしまった。アルスラーン戦記の雰囲気にもう少し近づけてくれたら本編にスッと入っていけるのだが。聴き終わった後、戦闘モードのまま本編に入ってしまう私がいる。 

 

 

●藍井エイル『ラピスラズリ』 

 

 

 

 

 

 『ソード・アート・オンライン』1期エンディング『INNOCENCE』、2期オープニング『IGNITE』でアニメファンにその存在を認知させ、『キルラキル』の『シリウス』でたしかな実力を魅せつけたのがこの藍井エイル。今作『ラピスラズリ』は配信開始からすぐに大手音楽配信サイトにて1位を獲得。音楽番組への出演も果たしており、瞬く間にアニソンシンガーのトップグループへと駆け上がった印象だ。 

 

 今回の楽曲はストリングスが入ってギターがラテン調のアルペジオを奏でる切ない雰囲気がたっぷり。今まではどちらかといえば、ハスキーでパワフルな歌声が特徴で、ロックテイストな楽曲が多かった印象の彼女だが、今作ではファルセットを多用してサビをしっとりと歌い上げるなど、表現力の高さを見せつけている。 

 

 歌を聴いて情緒が思い浮かぶ作品というのは良い楽曲だ。エンディングのアニメーションも素晴らしい。砂漠を行くアルスラーン一行と青く光る月。このエンティングは藍井エイルの確実な表現力を見せつけてくれたし、アニメーションは最大限その魅力を引き出した。 

 

 また、『ソード・アート・オンライン』シリーズ、『キルラキル』など、彼女が主題歌を担当するアニメーションはヒット率も高い。そういう意味でも作品に恵まれており、藍井エイルは上り調子であると感じられる。 

 

 

 

 

 『アルスラーン戦記』といえば、アルスラーン王子が少数精鋭の凄腕の臣下を従えて苦難を乗り越えていくストーリー。UVERworldと藍井エイルというアニソン界の精鋭を味方につけるとは、アルスラーン王子、さすがの器量である。 

 


カテゴリー: コラム|タグ: , ,