新着情報

2015年5月29日(金)

『うた☆プリ』主題歌で宮野真守の歌唱力にシビレたおっさん編集者とは俺のこと

●持ちすぎ男への嫉妬心溢れるアラフォー男

 

 

 新曲のリリースイベントが朝のニュースでも取り上げられるなど一般層への知名度も高い男性声優といえば、宮野真守はその筆頭だろう。筆者は一般層ではないので、もっとよく知っている。イケボを活かした正統派の主人公キャラだけでなく、『ガンダム00』の刹那・F・セイエイ、『デスノート』の月(ライト)、『シュタインズ・ゲート』の岡部 倫太郎など、クセのあるキャラクターも見事にこなす演技力。身長180センチ超のイケメンフェイス。そしてカッコイイのに変顔のキレが尋常じゃない点も見逃せない。持ってるどころじゃない、持ちすぎているのだ。世の男性が羨むスペックを持つ男。

 

 そんな宮野真守が2015年4月にリリースした新曲がテレビアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ』の主題歌『シャイン』。見るからに眩しさ全開の曲だ。

 

 筆者は本気で聴きこむときはイヤホンではなく、ヘッドホンを使用する。聴いてる感がアップするからだ。ただ、このときは正直ネガティヴな心理状態でヘッドホンを装着した。なぜなら彼は持ちすぎているからだ。「歌はどんなもんなのよ?」という謎の上から目線で再生ボタンを押す。

 

 ●あああああああ!

 

 弱いんだよ、こういう打ち込み系のダンスミュージック。イントロからカッコイイ……。「ここには歌があるから」のヒトコトでアラフォーおじさんの心は完全にキミに持っていかれた。声、やっぱりカッコイイな。メリハリの効いたメロディーと、コーラスをうまく組み合わせたボーカルは聴いていて心地よく、自然と体を揺らしてリズムを取ってしまう。とくにシビれるのが、最後のサビ前でささやくように歌う「Kiss me…」の部分。先に言っておくが筆者はノンケだ。しかし、それでもなお、何かこう心にクルものがあったということを記しておく。

 

 作曲は良質なゲーム、アニメ楽曲を生み出し続けるクリエイター集団” Elements Garden”の上松範康(あげまつ のりやす)氏。編曲も同じく” Elements Garden”の藤田淳平(ふじた じゅんぺい)氏。

 

どうりで! 

 

いいと思ったよ! 

 

曲が! 

 

 曲が最高なんだ。そこにイケボでボーカル入れればそれはもうカッコよくなるわ。と仕方ない感を全力で出した筆者の目に止めの一撃が飛び込んできた。

 

作詞:宮野真守

 

 持ちすぎだよ、宮野真守。

 

カテゴリー: コラム|タグ: ,